ヒビロテ!

ラスト・サムライ

http://www.lastsamurai.jp/

時代考証とか階級考証とか、正直、問題点はまだまだあります。
曲がりなりにも近世外交史専攻だったので、どうしても色々と気になってしまうのですよね(--)

しかし舞台が開国後十年余を経過している時だと判った冒頭部分で、根本の疑問(軍事顧問として欧州人でなく、米国人が招聘されるという設定)が解決してくれたのでまずは助かりました。
国際的誤解からくる違和感を払拭しようという製作側の細やかな趣意工夫は、思っていた以上に成功していたと思います。

とにかく、それらを差し引いても十二分すぎるほど、素直に楽しめる作品でした。
まさに「娯楽大作」と呼ぶに相応しい。
徒に暴力的だったりエロティックだったりすることもなく、終始淡々と流れていくのに退屈はさせない。
【“ラスト・サムライ”の続きを読む】

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

Oh! Happy Day

(from「天使にラブソングを」)


今日の昼間は久しぶりに自由だったので遊び歩いてしまったのですが、何とな~くいい気分になれる一日でした。

年末に(予定していたのに)行かれなかった『ラスト・サムライ』を朝一で観ることができ、期待以上に楽しめたし(明日にでも少し詳しく書きますね)
シビラのセールで、気に入ったスーツとニットアンサンブルを予算の半値以下で購入できたし。

で、その後立ち寄ったCDショップで「Under Pressure」が流れていたのですが(Queenベスト発売の影響でしょう)
反射的に一緒に口ずさんでしまい、しまったすれ違った人に聴かれてしまった!と思ったら、その人もやっぱり口ずさんでいて。
思わずそっち見たら向こうもこっち見ていて、計らずも見知らぬオニーサンと「あっこいつ同類」な笑みを交わしてしまいました。
ライブで知り合った人と意気投合した時みたいに、なんか嬉しいじゃないですかこういうの。
・・・端から見たら、単なるアブナイ人達だったでしょうけれど(^_^;)

更には食料品を買込んだ地下の売り場で、振り分け荷物のあまりの多さにどうしようかとあれこれ画策していたら、野菜売り場から見ていた係のおばちゃんが「大きい紙袋あげましょうか?」と持ってきてくれて、荷物整理まで手伝ってくれました。
余裕のある時間帯だったこともあるでしょうが、こういう心遣いって本当に有り難いです。
あんなに心から何度もお礼を言ったのって、どの位ぶりだったろう。

【“Oh! Happy Day”の続きを読む】

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

何もそこまで言わなくっても。

一つめ。

実家近くのスーパーで、会計後の荷物を詰めていた時の会話。

魔「あ、私多分、3月にまた武道館行くんだ。」
魔母「何で?」
魔「デヴィッド・ボウイが来るから♪」
魔母「え?!なんであんな人観に行くのよ!」
魔「あんな人って(泣)またそうやって、うちは昔っからポピュラーよしとしないんだから・・・」
魔父さんが古いタイプのクラシック奏者(変な表現だなあ)だったこともあり、中高時代はこっそり隠れて聴いていたんですよね。確かに。

魔母「別にそんなことないけど、よりによってデヴィッド・ボウイ行かなくても。あんたがそんなんだから、魔娘(仮)までが○*▽×◎ △ ・・・」
魔「だから今回は子供連れて行かないって!」
や、ボウイさんが好きなのは、むしろ魔息子さんの方なんですが(言っちゃ駄目ですよ判ってますね)

去年Duran2に連れて行った時は、「ふ~ん」で済んだんだけどなあ。
昔、彼らが「夜ヒット」に出演した時にも、JT見て「綺麗な人ね」って言っていたし。

・・・年代的な刷り込みなのかも知れませんけれど。
一体ボウイさんを何だと思っているのでしょうか、魔母さん(滝涙)


二つめ、今週の「新撰組!」。 【“何もそこまで言わなくっても。”の続きを読む】

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

♪青く光る広~い


宇宙~へ~行~け風を巻いて~♪
(サンダーバード日本語版の主題歌)
宇宙に行ったら空気がないので風は吹かないのではないか?と、実は前々から疑(終了)

映画「サンダーバード」前売り超人気のヒミツ

このニュース、みつけてくれたのは夫だったのですが。
その時の会話を再現するとこうなります↓

夫「おい凄いぞ!サンダーバードがハリウッドで実写版リメイクだと!」
魔「ほほ~。眉毛、糊で貼るのかね。」
夫「そうだろ。なかなか居ないし(あんな眉毛の人)。」
魔「A先生ならノーメイクでできるのに・・・」
夫「やっぱあれか?日本語吹替版のペネロープは黒●徹子か?」

二人の通っていた大学にはその昔、サンダーバードの人形にそっくりな顔の教授が居られました(多分まだいらっしゃると思います 笑)
とある先輩が称するに、「眉毛が受話器の形をしている」と(分ります?真横から見た受話器の形)。
ゼミ形式の授業だったんですが、真正面に座ってしまうと拷問でした・・・眉毛ばかりに目が行ってしまって。

A先生がハリウッドデビューしていたら、どっ、どうしましょう。

その答えはこちらの公式サイトに隠されているかも知れません(絶対隠されてないです 泣)。

テーマ:映画情報 - ジャンル:映画

BARKSにこんな記事・・・

eow掲示板にも御案内しましたが、Duran専門サイトさんでは或いはリンクできない内容とも思えますので、あえてこちらで御紹介しておきます。

デュラン・デュランのジョン、「ドラッグでダイエットしていた」

別に驚きはしないけど(え)・・・やっぱり色々大変だったんですね、JT。
あくまで個人的な感想ですが、彼の急激なウエイトコントロールぶりはいつも、魂のコンディションを投影しているように思えて痛々しいです。

ところで、サイモンお父さん。 【“BARKSにこんな記事・・・”の続きを読む】

テーマ:洋楽 - ジャンル:音楽

国際派野郎。

坂本龍一のニューアルバム、 『CHASM』が2/25に発売されます。

こちらのページを覗いて頂くと判りますが、以前にも少し触れたデヴィッド・シルヴィアンとのシングル「World Citizen」(J-WAVEの15周年記念テーマ曲ということで、ラジオで耳にされた方ものでは?)のアレンジ違いをはじめ、各々の楽曲に何らかの話題が付記されているところはさすが教授。

特にここ数日は、1/21に先行マキシシングルとしても発売された「Undercooled」がFMラジオをにぎわせています。
韓国語のラップって初めて聴いたのですが、確かにあの言語の歯切れのよさはラップ向きです。

それにしてもこの両曲、 【“国際派野郎。”の続きを読む】

本当に「頑張れ」と言いたいのなら。

貴方自身が、生きて頑張って欲しかった。
道を示すというのは、そういうことでしょう?

「大好きです」の遺書紹介 校長自殺の清水6中で集会


もう一つ、切実に頑張って欲しい人達の話題。

先遣隊、午後サマワ入り 軽装甲車に分乗しイラクへ

もう、行っちゃった以上はね。
それなりの成果を挙げて、胸を張って戻ってきて欲しいものだと思います。


ところで話は変わりますが、最近、『死刑囚042』関連の検索ワードでこのページに到達される方が非常に多いです。 【“本当に「頑張れ」と言いたいのなら。”の続きを読む】

テーマ:考えさせるニュース - ジャンル:ニュース

良い傾向だと思いますよ。

黒澤プロ“パクリ”でNHK提訴  

前にも書いたように「武蔵」は殆ど観ませんでしたし、観たはずの当該エピソードも正直あんまり記憶にないので(汗)具体的にはどうコメントすることもできませんけれども。

「日本の著作権に対する考え方に疑問があり、中途半端な面を明らかにしていきたい」という黒澤久雄氏の言葉には、確かに大きく頷ける部分がありますしね。
ビッグネーム同士の対決ということで注目度も高くなるでしょうし、この種の問題に一石を投じるにはいい機会になると思われます。

そういえば、近頃いまいちブリトニーの影に隠れがちなあのお嬢さんのこの問題はその後、どうなったんでしょうか(笑)

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

『コロッケ』

http://www.tv-tokyo.co.jp/anime/gagcro/story.html

「フォンドボーはもうカラスミの仲間になってしまったんだ!」
「リゾットの国をメチャクチャにしたのはカラスミなんだぞ!」

‘世界なかよし協会’主催、‘次の王様だぁれだ大会’の実況に耳だけ傾けていると気が狂いそうだ・・・と、明日提出の書類を書きながら夫が頭を抱えました。

来週は新しい仲間、‘キャベツ’が登場とか。
・・・リアルいきなり次回予告。

とはいうものの、こういうごく年令相応なマンガに、子供達が熱中しているとやっぱり安心します。
どんなモノでもイイように解釈して独自の世界を繰り広げている人は居る筈ですが、知らなきゃ知らないで済む話なのでその辺は割愛。

ボーボボとかでんぢゃらすじーさんとか、近頃は子供達に要求されるギャグセンスまでもが随分変わってきているように思うのですが。
親の世代が読んでも、無条件に吹き出してしまうのは確かだったりします。
基本的に子供って、思考よりも感覚に訴えるものが好きなんですよね、いつの時代も。


そうそう、子供向けといえば。
【“『コロッケ』”の続きを読む】

テーマ:アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

慎吾クンが組長役に選ばれたポイントは、

ゲンコ丸ごと口の中に入ることなんでしょうか。やっぱり。

新しい大河ドラマが始まりましたね。
世相の変化なのか視聴者層の変化なのかは判りませんけれど、近年このシリーズに求められている要素が、確実に変化してしまっていることだけは誰の眼にも明らかです。

それには勿論賛否両論がある訳ですが、ある程度以上の年齢層の方や昔から大河を観てきた方にとっては、むしろマイナス面の方が強く意識されることなのだと思います。
しかし紅白すらも年末の国民的風物詩として認識されにくくなってしまった某局が、未だ諸経費の大半を受信料に頼っている現状を考えれば、おそらくそこに選択の余地が入り込む隙など一分もないのでしょう。

昨年の『武蔵』はどうにも途中で明らかな無理が眼に付き始め、早々に視聴することを止めてしまった訳ですが、今年の第一回はある程度、楽しんで観ることができました。
さすがに本がしっかりしているので、タレント(敢えてまだ役者とは言わずにおきます)だけが浮き上がってしまうこともなかったし。

要するに、大河だと思わなければいいんですよね。
これまでにもウイークデー時代劇枠では、かなり個性的な作品があったじゃないですか。
そう思って観ればいいんです。
ただそれはあくまでも、贔屓作家が大河というこの厄介な時間枠をどう自分の土俵に引っ張って取り組んでいくのかを、現段階では不本意ながらも(笑)暫く見守っていこうとしている自分に対する言い訳、でしかありませんので......。


よほど気になる理由でもない限り、ふだん殆どTVドラマを観るという習慣のない管理人ですが、今期は他にも(ごくごく個人的な理由で)注目したいプログラムがいくつかありました。 【“慎吾クンが組長役に選ばれたポイントは、”の続きを読む】

テーマ:テレビドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

お笑い界の、ちょっといい話?

タイトル自体からは「いい話」ぶりが伝わりにくいのですが、リンク先の記事を読んで戴ければお分かりいただけるのではないかと。

はなわ、芸風パクった嘉門達夫に謝罪

公式サイトの掲示板で謝罪ってところが、新世代らしいですよね。
御当人同士では既に話を済まされたあとだったということで、(これが100%事実だとしたら)なかなかに好感の持てるマナーをお持ちの芸人さんです、はなわ君(芸風が好みかどうかは別として 笑)。
余談ですが・・・嘉門さんサイトのBBS、今検索して覗いてみたら、スッゴイ荒らされてるんですけど(-_-;)
ちなみに件の書き込みも、奇特な方が(ほんとにね)何度もあげてくれています・・・
【“お笑い界の、ちょっといい話? ”の続きを読む】

テーマ:お笑い芸人 - ジャンル:お笑い

虚構と現実の区別が付いていれば、

なにもそんなにナーバスになる必要はないと思うのですけれど。


昨年来ちまたで話題の、韓国における正式な日本文化解禁。
各分野で着々と進められているものの、まだまだ数多くの問題を孕んでいるようですが
(ネットの世界に限っては、むしろ逆の問題が山積なんですけどね・・・ 苦笑)

近代の歴史認識という障害以前に、儒教国古来の倫理的観念という障害があることを、諸々の感覚が麻痺した日本人は忘れていたのかも知れません。

女子高生と男性教師とのキスシーンにクレーム
・・・男子園児となら、いいんでしょうか(待てい)

別にね。そんなの受け取る人の考え方次第でしょ?
全然問題ないと思うんですけど、貴方が邪な考えをお持ちでなければ(笑)



新年早々疲れてしまったので冗談が過ぎました。
いやあ、申し訳ないです~

テーマ:海外ニュース - ジャンル:ニュース

リアル初笑い

昨夜実家から戻る途中、珈琲豆補充のため、駅前のド○ールコーヒーに立ち寄りました。
繁華街とは反対側のせいか、午後9時半の店内に客は僅かです。
ブレンド豆をひと袋掴んで「お願いします」とカウンターに持っていき、子供達と会計を待ちました。

・・・が。
カウンターのお兄さん、「いらっしゃいませ」と元気に言ったきり、レジも打たずに沈黙しているんです。
な、何を待ってるんだろうかこの人は。でもこれ以上、何も言う事はないし・・・
すると思い出したように、お兄さんはこうのたまいました。

「あ、店内でお召し上がりですか?」

珈琲豆を、ですか? 【“リアル初笑い”の続きを読む】

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

・・・作家って。

当たり前かも知れませんけど、やっぱり政治家じゃないんですよね。
作家としては個性的かつ魅力的な表現だったとしても、それが必ずしも政治家としての斬新な意見とか、卓越した見解となるとは限らない訳で。

その辺の匙加減を国際問題で間違えてしまうと「ついうっかり」では済まされない場合が多くなるんですが、こんな(特定地域の人にとって)身近な話題でだって、世のひんしゅくを買うには十分な訳ですよ・・・ことこの方の場合には。

<田中康夫知事>長野県を「信州」に名称変更を検討
や、別に。私はいっこうに構わないんですが(笑)

少なくとも都営地下鉄「大江戸線」よりは、定着しやすいと思いますしね(苦笑)


話題のお二人、どうやらそりが合わないらしいというのには、何だか笑ってしまいます。

テーマ:ニュース - ジャンル:ニュース

FC2Ad