ヒビロテ!

膝上20センチスカートのスケバン刑事。

4代目スケバン刑事は、ミニスカあやや

・・・NY帰りって何。

物凄く違和感があるけれど、今の時代に足首丈セーラー服が似合うのは桜塚Yっくん位のものでしょうしね。
恐らくお約束の決め台詞も、アメリカナイズされたものになるのでしょう。
”何の因果かマッポの手先”なんて叫ぶ帰国子女、いくら何でもあり得ん。と思う。

もともと原作が好きだったので、80年代のTVシリーズにも最初から違和感しか感じることができず、パート3に至っては一度も観たことがないのですけれど。
結局はドラマや映画も音楽業界と同じで、新しいものを産み出す力を失ってしまったのか、というありきたりな結論にしか至りませんね。

ていうかここまでして、わざわざ今やる必要があるのかこのシリーズ。
こっちが本家であるにも関わらず、むしろケータイ刑事 銭形愛の二番煎じになるのではないかと危惧しているのは、自分だけではない筈です。




まあ、正直。


どうでもいいですけどね。和田御大がそれでご満足なら。

「♪無~理~、

サファリパ~~~ク♪」
(富士サ○ァリパークのCMソングの節で)

クラスで流行っているのやら、息子が最近よく口ずさんでいる歌?です。
ほかにもお莫迦なわが家では、「脳が腫れてるNO~」とか「脳がハレルヤ」などの意味不明な言葉が頻繁に交わされ・・・
とまあ、それはともかく。


メールの信憑性より民主党の行く末より、もっと本気で心配したくなるのが実は、この家のお子さんの将来だったりします。
【こぼれ話】6歳長男の宿題にお手上げ=ベッカムが英紙に告白

「ベットちゃんは11時45分にお店へお買い物に行って、30分後に帰ってきました。おうちに着いたのはさて何時でしょう?」
「12個のキャンディを3人のお友達で分けます。一人分は何個になりますか?」

・・・(-_-;)>>・・・???

ま、何の接点もない他所様んちのことですしね(笑)
別にファンでもありませんし。

浮気しようが別居しようが、ましてや髪型がどう変わろうが何の関心もありませんが、これは本気で心配だ。



・・・あ。
いったい何が心配なのか、具体的に書いていませんでしたっけ。

まあ、一番はアレですよ。
社会現象としても深刻になりつつある父親の権威失墜、
そして偉大な父という幻想に、幼くして夢破れた子供の心。






どうでもいいけどシャネルって、スキー板まで作ってたんですか・・・

また一つトリビアの種をありがとう。ブルックリン君のお母さん。

FC2Ad