ヒビロテ!

なんか・・・釈然としない。

ラドクリフ、“ハリポタ”後の将来に不安「ドサ回りかも」

>…既に決まっている仕事で一番大きいものは、ブロードウェイのミュージカル『努力しないで出世する方法』だ…でも、映画の仕事のほうが優先だけどね

これって『How to Succeed(in Business Without Really Trying)』のことですよね。
スタンダードな名作じゃないですか(映画版しか観てませんけど)

深刻な内容の『エクウス』も結局、全裸シーンしか話題にならなかったみたいだし、気持ちはまあ、解らないでもありませんが。

今や舞台の仕事って、欧米でもそういう認識なのか…ちょっと複雑です。

テーマ:今日、気になったネタ - ジャンル:ニュース

もうやっぱり出馬しちゃえば?

言い訳も迷走…岡田監督「あれはジョーク」
犬飼会長に「僕はここにいてでいいんですか?」・・・って、碇○ンジか!

世界一腰の低いツートップを前に・・・選手の志気は上ったんでしょうか。

テーマ:今日、気になったネタ - ジャンル:ニュース

勝利の女神。

阪神・ロッテ戦始球式に魔女登場…劇団四季「ウィキッド」樋口麻美

写真とレポは公式に

この週末から大阪ウィキッド初登場となった彼女、実はついその6日前までは東京で、数ヶ月に渡ってアイーダを演じておられました。
今の四季では決して珍しいことではありませんが、なんと超人的なスケジュール!


なのにどうです、このマ○カリ投法(?)。どうです、この笑顔。
あの細っこい身体のどこに、あんなパワーを秘めているのだろう。

これからも出来る限り身体を労りつつ、観客を笑顔にしていって欲しいものです。

テーマ:劇団四季 - ジャンル:学問・文化・芸術

鑑賞控更新

個別の感想がなかなか上げられないので、過去の鑑賞控をまとめてみました。

2008年以前のメモもそのうちに。
ときどきこちらを覗いてみて下さいますように。

テーマ:観劇 - ジャンル:学問・文化・芸術

国際バラとガーデニングショウ

公式サイトはこちら

出品された業者さんのお誘いで行ってきました。
専門的なことはさっぱりなので、本来の見所をどの程度汲み取ることができたのかは判りませんが、色も形もさまざまに咲き乱れる花々は、見ているだけで楽しいものです。

最終日、しかも気温の高い日ということで、残念ながら品種や展示場所によっては多少くたびれてしまった花もありましたが(期間は12~17日)前日までは逆に気温が上がらず、コンテストの審査日になっても花が開かなかったりといったご苦労があったそうです。
オーソドックスな英国風の庭園やアーチに混じって、茶室風の小部屋に生けられたディスプレイや盆栽等、和風のアレンジもいくつかあったのが印象的でした。


切り花や鉢植え、バスケットといった小規模なものから、 【“国際バラとガーデニングショウ”の続きを読む】

テーマ:バラが好き! - ジャンル:趣味・実用

ご当人はしっかり、ホームで生きていますから。

いっくら趣味がアウェイでも。ね。(笑)



美少女・成海璃子のパンク趣味に、twitterが騒然

テーマ:女優 - ジャンル:アイドル・芸能

Nirvana Baby

『Nevermind』の、あの赤ちゃん。



今は自分がデザイン制作に携わる立場になっているんですね。
三つ子の魂なんとやら・・・とは、ちょっと違うか。


Nirvana あの“カネに釣られた赤ん坊”は今…



テーマ:ジャケット - ジャンル:音楽

2010年1月~4月の鑑賞控。

さながら、公○式のプリントを溜め込む小学生のように。

過去ログの移築どころか、メモの整理→更新が追いつかないうちに次の鑑賞へと進んでしまう・・・という悪循環が、相も変わらず続いております。

というわけで、せめて記録だけでも先に(じゃないな既に)書き留めておくことにしました。自分のために。
中には既に感想をUPしたものもありますが・・・今後も忘れた頃に、ぼちぼち遡り更新させて戴くことと思います。


【“2010年1月~4月の鑑賞控。”の続きを読む】

テーマ:観劇 - ジャンル:学問・文化・芸術

一瞬、岡ちゃんまで出馬表明したのかと

政治の話題からスポーツの話題への、なんの違和感もないニュースの流れに焦りました・・・なわけがあるかい。
って、ニュース内容自体に違和感がありすぎて(以下略)



政策、理念は置き去り…参院選候補、民主、自民など各党とも著名人頼みの傾向

犬飼会長「違和感感じない」=川口選出を評価-サッカー日本代表






・・・門外漢ですので、あえてノーコメントにしておきます。

テーマ:まぢかよ!? - ジャンル:ニュース

自覚はあるんだ(笑)

自転車操業というと

一般には資金繰り面の問題点を示す言葉だと思いますが。

こちらの場合はまず第一に、人材面の問題だという気がします。
いくら人数が揃っていたところで、実際に演れる人間が居なくちゃお話にならんのですよ。

スター不要の作品主義を謳うためには、一定レベル以上の同役役者が複数揃っていることが大前提であった筈です。
ごく少数の主要キャストだけが、いくつもの演目を掛け持ちせざるを得ない現状に目を瞑ったままで、いつまでも掲げ続けられるお題目ではないと思う。
役者だって機械ではない、血の通った肉体も感情も持合わせた人間、なんですから。

【“自転車操業というと”の続きを読む】

テーマ:劇団四季 - ジャンル:学問・文化・芸術

FC2Ad